執事はお嬢様の為に翔け巡ります

ハヤテのごとく!応援の感想系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なりのヒナギクさんを考えてみた

連休という事もあり
先週から様々なブロガー様に、ヒナギク(ハヤテのごとく!なんでしょうが)さんについて書かれていますが
自分の考えを久しぶりに書こうと思います。
某会長には「自分の意見を」っと言っていただいていますので
自分なりの考えです。
はっきり言って私はアニメから「ハヤテのごとく!」に参入したブロガーです。

年数も一年ちょっとの考えになります。
それでもよかったらとの気持ちで書いて参ります。

まず、書きたくなったと思ったのは
take23さんのヒナギクが主役だと何を目指してる作品なのかわからなくなる~サクラ咲く夜に~記事からですね。
それを波紋に様々なブロガーさんがハヤテのごとく!について書かれています。

前に、「考えは人それぞれだから、同じ意見ばっかりだったら気持ち悪い」と言われた方がいました。
たしかにそうなんでしょうね。

でも、自分の中では今回のヒナギクさんの扱いは「そんなに優遇されているのか?」
が、一つの疑問なんです。
確かに、ご存じの通りに
キャラクター人気投票1,2回目と見事1位を取っています。
それだけ人気があるはこれでもわかることなんですけどね。

人気ある=話もサブヒロインなのにここまで出ているのか!?
う~ん、そうなんですかね?
ぶっちゃけよくわかりません(ぇ!?

<執事コメディー>
自分のブログ名でも付いている通りにこの作品は執事を取り扱っているんですよね。
他の執事と言えば
黒執事とか
メイちゃんの執事とか
君が主で執事が俺でと
Googleで「執事」と検索かけたらこれらが出てきます。
ですが!ここでも執事とかどうでもよい(ちょw

自分での中でタカヒナ2号さんの「ヒナギクの世界」がしっくりと来ます。
物語であると通りに各キャラクターでの世界があるんですよね。
これは現実世界でも言えると思います。
戒斗さんが書かれていた「この作品のメインヒロインは?」の考えは
面白いと思いました。
こんな考えがあるんだ!と
自分の中のメインヒロインは初期に畑先生が言われていた
ナギお嬢様にマリアさんなんですよね。
これは変わりません。
でも、実際、マリアさんの世界って動いてないんですよね。
まーハヤテくんを意識しているお話はちょこちょこありますが。
今度はナギお嬢様
今、アニメであっている通りにハヤテくんに裸を見られたり、ほっぺにチュー
下田温泉では、亡き、ゆっきゅんの墓標でハヤテくんを紹介したりと
世界は少しずつですが動いているんですよね。
現時点のメインヒロインの物語はこの辺です。

そんな中、10週物語が続いたハヤテくんの過去話より
これで「ハヤテのごとく!」という物語の世界に一つの扉が開いた。
これも有ですね。
その中で登場したアーたんが重要キャラクターへと思った人は少なくはないと思います。

では、その中でハヤテくん&ナギお嬢様が通っている学校で
他の人たちの物語はいらないのか?と言われると
ないとなんとなく寂しいなっと感じるのは自分です。
泉ちゃん家の話、理沙の家(おじいちゃん長生きして下さい)の話
これも楽しいです。
その楽しさで、美希の話もあったらと思うのも一つです。

さて、脱線しかけているかのように
ヒナギクさんの話は登場時はカッコイイ生徒会長で登場しています。
次に西沢さんの恋の応援をする話
ヒナギクさんがハヤテくんに恋をした話
西沢さんに自分もハヤテくんが好きだと告白する話
そして、現在。

やっぱり、中には登場した時のかっこいいヒナギクさんじゃないとという方も多いみたいです。
でも、恋して変わるっておかしいですかね?
自分はかっこいいヒナギクさんも恋するヒナギクさんも
全てがヒナギクさんだと思います。
その中で、ヒナギクさんの恋する話が長いのは悪い事ですかね?

再びタカヒナ2号さんの桂ヒナギクにとってのトゥルーエンドとは?で書かれている通りに最後はヒナギクさんの「成長の結果」になるのでしょう。
それで、ハヤテのごとく!からヒナギクさんという物語は終わります。
それなら物語が早く終わるっという一つのプロセスじゃないんですかね?
ほら、ヒナギクさんが苦手って思う方、話がすぐに終わると考えたらちょっとは気が楽でしょ?
ちなみに、自分は
まだまだ続くよね!!!の考えですが・・・

文章チェックなどしていたら
「また長い文章だな!!!」っと思いつつも
物語の密度とかいろいろ書かれている人いますが
難しく考えずに楽しみましょう。
長いお話もあります。
短いお話もあります。
それでも、皆様がブロガーとして書いている「ハヤテのごとく!」は好きだから書いていると思います。

キャラクターに好き嫌いがあるのは仕方がないと思います。
人間ですから。
でも、一つ一つそのキャラクターの世界を楽しんでもらえたらうれしいと思うのがいろんなブロガー様を観覧している自分でもあります。
結論としては
好き嫌いは仕方がないけどハヤテのごとく!を楽しもう!と事で
なんか書いていて、ヒナギクさんがどうだの書くのが難しくなってきた。
何を目指しているかは気長に物語をみていけば分かるような気がしますし…
すみません!!!
ハヤテのごとく!1年ちょいの私が書くような内容ではないですが
キャラクターがどうだの書かれているのが…ね…気になっちゃって

これを最後まで読んだ人は…バカバカしいと思ったいただければ勝ちです。
ハヤテのごとく!を「楽しむ」って事を書いただけですし
考えてしまった人は1巻から19巻まで読んで物語を楽しみなおしましょう。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

  • ミント 
  • URL 
  • at 2009.05.21 03:25 
  • [編集]
性懲りもなくまたコメントしてすいません

最後の方の意見にとても同感です。

正しい事や間違い(今回だとヒナギクの出番が多いとか話の方向性だとか)なんて無い、というのがミントの感じたことです。だから、その中で自分が正しいと思うものの意見が食い違ったり好きや嫌いがあったりすることは当然だと思います。

ミントは、ハヤテのごとく!をとても思い入れが強い、といいましたが、それはただ単純に話が面白いだとか、下田や4月3日の話でとても温かい気持ちになれたとか、まだ分かっていない要素が楽しみだとか本当に色々な理由があります。

ですから、ハヤテのごとく!という作品に出会えて本当に良かったと思ってますし、話がどういう方向に進んでいこうともミントはこの作品が好きです。

なんかよくわからない生意気な長文本当にすいません…

結局、ふり~だむ執事さんの言う通り、ハヤテのごとく!が好きなら、「ハヤテのごとく!という世界を楽しむ」ということが一番大切だと思いました。

Re: NoTitle 

  • ふり~だむ 
  • URL 
  • at 2009.05.21 22:43 
  • [編集]
> 性懲りもなくまたコメントしてすいません

いえ!コメントは大歓迎ですよ。

> 結局、ふり~だむ執事さんの言う通り、ハヤテのごとく!が好きなら、「ハヤテのごとく!という世界を楽しむ」ということが一番大切だと思いました。


そう、思っていただければ幸いです。
キャラクター、物語と全部を楽しまないと損ですからね。
でも、いろいろ書かれて考えると言う機会も大切なんだなっと思った今日この頃です。

コメント、ありがとうございます。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://hayatebutler.blog46.fc2.com/tb.php/167-d7a5b91f

Menu

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

FC2カウンター ▼

ブログ内検索 ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。