執事はお嬢様の為に翔け巡ります

ハヤテのごとく!応援の感想系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激されて書いてしまった。ナギパパって誰?

今週の第208話でゆっきゅんの隣に男性の方が出てきました。
ゆっきゅんの旦那様=ナギお嬢様のパパですよね。
そして、帝が嫌いな人(ま、ワタル母、琴美さんも嫌っているよな)

タカヒナの日常境界線様の記事で様々に書かれているブログ内容に刺激されて
今回は自分の考えを書いてみようと思います。

はっきり言って面白くはないと思います。
いや、結局はわかってないんですよね・・・

気になった人だけ読んでいただければと思います。

それでは、気になった人は続きをどうぞ。

絶望したぁ!!!と、叫ぶのも了承!

まずは・・・
タカヒナの日常境界線様にあげられるとは思わなかった。
まして、わからん
と、分類されて・・・

いや、すいません。
先に書くと、一日中考えたんですが、やはりわからないんですよ。

わかるのは畑先生しかわからないと思います。
でも、それを追求するのも私たちブロガーのひとつの行動でもあるのかなぁ~っと思い
今、自分でまとめてみたもんを書いてみます。

まず、わからないと、書きましたが
まず、自分で一番強い考えはハヤテ兄ではないと思います。
理由はあります。

コミック18巻がわかりやすいですね。
コミック18巻 第3話「THE END OF THE WORLD⑩ いつか、雨が上がったら」よりページ数40から
ハヤテ兄、ゆっきゅんが登場しています。
同じ場面に
この時点、ハヤテくんは6歳
と、なるとナギお嬢様は3歳ですでに生誕されています。
そして、服装からもわかる通りにハヤテ兄は学生服、だいたい高校生16~18歳だと思われます。
単純に雪路お姉ちゃんや薫先生と同じ同年代と考えるが正しいでしょう。
これでハヤテ兄がナギパパの可能性が極端に低くなってしまいます。

綾崎家関連者の方?

さて、今度はハヤテ兄は否定しても関連の人じゃないかなぁ~とは
この考えは捨てきれないんですよね。

実際、ナギお嬢様より
コミック12巻 第5話「いつか…信じて」よりページ数73から
「ちょっとハヤテに似ているかも」
同コミック12巻 おまけページよりページ数188から
「いいかげんなところがハヤテそっくりだろ?」
と、ある通りにやはり、ハヤテくんに似ているところはあるんですよね。
でも、バックステージVol.219より
「ナギの父親がシルエットのような感じで初登場。
なんだかこの状態だとハヤテと似てしまいましたがハヤテじゃないですよ?」
と、あります。
そうなると綾崎家の方々のどなたかしか考えつかないんですよね。
まぁ~家と書いてしまうと
血縁関係の方全般に言える事なので難しいのですが・・・
ひとまず、ハヤテ父ではないと!!!と思いたい。
いや、そうだったら、もう、ひどいの度を超えちゃいますから・・・
昼ドラ以上に惨劇が・・・
Nice Boatは勘弁して下さい。
ちょっと脱線しましたが、あのシルエットやナギお嬢様の言葉から考えると
綾崎家はなんらかの関係があると考えてしまいます。

ひとまず、現状、ゆっきゅんの旦那様。ナギパパの事を知っているのは現時点
三千院帝、鷺ノ宮初穂、橘琴美は100%知っているみたいです。
でも、この中から語る可能性があるのは三千院帝ぐらいだよな・・・
さらに、ラストあたりとか・・・
あ、後は三千院家に関わりのある愛沢家や霞家の場合もあるなぁ~
愛沢家は咲夜嬢の父上があの方なので可能性が低いし、霞家に対してはまだ不明な点が。

結局、これだけ書きましたが・・・
ごめんなさい!
ホントにわかんないのよ!

まぁ~この記事がなんかのヒントか役にたったらなぁ~っと思って下さい。

あ、最後に管理人の気になる一言
コミック12巻 第3話「さよなら人類(私だけ)」よりページ数68から
「呼べば本当にどんな所にでも、来てくれるのね」

ハヤテくんとゆっきゅんの関連性が現時点ゼロです。
しかし、ゆっきゅんのこの一言は何を意味するのでしょうか?
過去、ハヤテくんがタイムスリップしたお話もありますし、まして、このセリフは夢か幻か、表現がしにくい位置の言葉です。

畑先生がハヤテでないっと発言したにしろ、ハヤテ兄でないにしろ、綾崎家が関連にしろ
何かが起こるは間違いないです。
この辺もまた、話が進めば少しまとめることができると思います(まして、海外旅行編=ハヤテくんタイムスリップのお話でもありますし、アーたんも関連するかもしれないし)。

苦情、ココは違うだろう!ってコメント御待ちしております。
結局、まもとまらなったよ・・・・orz
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://hayatebutler.blog46.fc2.com/tb.php/121-9e080fa5

Menu

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

FC2カウンター ▼

ブログ内検索 ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。